ピンクと茶色ちゃん

先週、縁がないだけだと言われるが、ピンクと茶色の子の行き先がまだ決まらないとエリン舎さんから連絡をもらった。彼らを見送って3週間、毎日あの子達が幸せな家庭に迎えられる事を祈ってきた。
その間にワインの子がセレスちゃんと名づけられてとても温かい家族の元へ行った。彼女の幸せ溢れるブログを見ていると早く残りの子達もこんな暮らしをさせてやりたいと焦りが出てくる。水色の子も又温かい家族の元へ行ったと言う。よかった~でも6回も7回も縁がない2匹のことを思うといたたまれない。おじちゃんは一度手放した子だからもう少し様子を見てエリン舎さんにお任せしといたら・・と言うが私はもう限界、毎晩愛おしいあの子達を思って泣いているだけじゃいや!エリン舎さんに相談した。「喜美子さんの良い様に・・」とおっしゃってくれた言葉に甘えて二人を迎えに行くことにした。私に特別何か出来るわけでもない、でも私にだってあの子達の幸せは探してやれるはず。
連絡をもらって一晩緊急のブログを書いた。それを見てくれた人がメールをくれた。エリン舎さんのご近所に住んでいて一度見てみたいといわれる。早速連れて行くと、10歳のバーニーズのローラちゃんとの相性を心配されていたので数日預けて様子を見ることにした。預ける事に何の抵抗もない、何か運命と縁を感じる、私の思い過ごしでない事を祈りながらピンクの子を連れて家に帰った。

まず店に入ったピンクちゃんはどこかよそよそしかった。ナルとガブガブ、レンゲに挨拶、メンマにも適当な挨拶をしてご飯を食べてウロウロ・・しばらくして二人をあの子達が育った寝室に入れる、新しくなったカーペットタイル、無くなった産箱とハウス、やはりピンクは落ち着かない。そこにドアが開いてメンマがドタバタと入ってきた。その瞬間何かを思いだしたかのようにふにゃふにゃと言ってメンマのオッパイニかぶりつきに行った。メンマがベットに上がると必死に泣いて上って行く・・・メンマが愛おしそうにお腹を舐める・・もう何もでないおっぱいに一生懸命顔を埋める二人・・以前見ていた光景、涙が出て止まらない・・以前から飲んでたミルクを二人でたいらげメンマとナルとレンゲと並んで寝る、途中起きて場所を変える、みんなの好きだったテレビ台の下・・・少しだけピンクの幸せを見たような気がした。


まだ、名前も呼んでやれない・・・でも焦らずこの子の幸せを探していける気がする。

ちょっとだけ、ナルと浜名湖で遊んでみた。お姉ちゃんに着いて思わずドボ~~ン

ビックリして逃げてくる。「姉ちゃん早く出といで!溺れちゃうよ~」と言わんばかりに吼える、吼える!

チョコちゃん。

青いリボンの男の子、チョコちゃんが遊びに来てくれた。ナルより一周りも二周りも大きい。体重測定!!チョコ、10.2キロ、ナル、7,68キロ・・・一番大きかった子と一番小さかった子の差かな。



兄弟でご挨拶。恒例のガブガブ・・・
お客さんの足元で大騒ぎ。動きが早くて写真が撮れやせ~~ん。

ハーイ!記念撮影。

仲良く休憩。

場所を変えて又休憩。。やはり一緒。

メンマ母さんのおっぱいにかぶりついてたチョコちゃん。メンマは一瞬何するの??って感じで怯んでいた。他の子供のことを忘れていたみたい・・・しばらくして思い出したかのようにチョコの顔を舐める。ちょっとーー子供の事忘れんでよ~~~
又遊びに来てね。チョコちゃん!!!





ナルとレンゲさん。

赤いリボンの子との事があってから、レンゲと子供達との距離にとても神経質になっていた。
2匹も3匹もレンゲの方に行けば当然レンゲの鼻にシワがよる。
ナル一人になっても、ガブガブしようものなら顔がピクピク・・
レンゲの顔にシワがよるまで見ていて、歯が見えた瞬間に離す。目が放せないがこんな事をずーと繰り返している。
でも最近ナルからレンゲの様子を見て逃げてくるようになり、ガブガブしなければ何もしないって事も解ってきた様でレンゲにはしなくなった。

以前ならお気に入りのおもちゃで遊んでいる時はナルが近づくだけで怒っていたのに今は知らん顔。

それどころか、ナルに貸してくれる。

お水も飲んでいる途中で代わってくれる。


やっとみんなで寝れる様になったよ~~

仲良くしてね、レンゲおばさん!!

又、太ってた。

昨日レンゲの病院に行ってきた。乳首をつまむとまるでおっぱいのように出る液体。先生がそれをシャーレに取って調べてくれた。結果は炎症を起こしている様子でもなくおっぱいでもない、ただの水だと言う。なんだこりゃ??子供達の泣き声に反応して母性本能から来た物か、と聞いても想像でしか解らない、様子を見ましょうとの事。なんだろう????
母性本能にしては、ナルに怒ってばかりいるレンゲさん。まぁ~~突撃ガブガブ攻撃には私も怒れるけどね。何をされても辛抱しているメンマ、あんたは偉い!!

私の想像では肥満で脂肪が溢れ出しているのだと思う。背中に波を打つ肉、肉。人のことは言えないがウエストも首もない。食べ物を与えるのは私達、ちゃんと管理してあげないとかわいそうだけど、よだれを溜めてお饅頭を見つめているとお客さんはかわいそうだからあげると言う。だったら、レンゲの前でおめーーが食うな!!もう人間の菓子なんか買ってこないからな!

吉報

飛び上がるほど嬉しいことがあった。
ワインのリボンの子が新しい家族の元で幸せに暮らしているとのこと。しかももうブログまであった。見てみると3日前から暮らしている。エリン舎さんも忙しい。私に言うのを忘れていたみたい・・・とっても嬉しい誤算。ブログの中から大切に可愛がられている様子がたくさん伝わってくる。よかった~

お客さんがみんな帰った真夜中から早朝にかけてが私の時間、翌日の準備をしてからレンメンの散歩と子供たちのご飯。眠くなるまで思いっきり遊んだ。彼らがいなくなった今、その時間になると茶、水色、ピンク、ワインの4匹がエリン舎さんで起きて泣いているのではないかと心配でならない。写真も動画も自分のブログさえ悲しくて見ることができない。でもワインは違った、昨夜もその前も起きて新しいパパとママに抱かれていた。本当に良かった・・・4つの願いの一つが叶っていた。



ワインちゃん、本当に良かったね、嬉しそうな顔してる。おばちゃんも嬉しいよ。新しい家族の幸せを見守っていくんだよ、あんたのこといっぱいいっぱい愛してくれてる人達だから・・もう分かっているね。
あんたを抱っこしたときのずっしりしたお尻の感触忘れない。成長を楽しみにして永遠の幸せを祈っているからね、セレスちゃん。

れんげの変化


子供たちを避けていたレンゲ。ナルトだけになってちょっと変わってきた。今日はレンゲが寝ている所にナルトが来ても首を上げて見てそのまま又寝た。ナルが寝返りをするたびに起きては見るもののその場から動かなかった。ただ眠かっただけ???それでもいい・・ちょっとだけ進歩。
ナルがレンゲに「体当たりガブガブ」だけしなければ彼女から怒ることもない。ナルの行動をずーと見ていれば問題はないが寝る時はそうはいかない。おじちゃんとメンマとナル、私とレンゲ、部屋を仕切って寝ている。みんなで並んで寝れる日を楽しみに・・・

レンゲの乳首の先に毛が固まっていた。ほぐして見ると、パサパサの白い粉。おっぱい??
膿???明日病院に行こうと思う。

別れ。

みんないなくなってしまった。

昨日、置いてきました。行きに東名高速の渋滞にぶち当たり、約束の時間に間に合わずイラッとしたが、このまま通行止めになって行けなくなる事を期待しまった。でも時間に遅れ迷惑かけただけでした。
グランちゃんのお母さんと始めてお会いしてお話してエリン舎さんとも今後のお話をしましたが、私の心の中は早くこの場から逃げてしまいたい・・それだけだった。グランちゃんのお母さん、ごめんなさい今度落ち着いて違う時にゆっくりお話したいです。
子供たちが足元で寝入ったのを見計らって頭を撫ぜる事も無く声もかけずに逃げるように家に残す白いリボンの子を隠して車に乗り込んだ。止まらない涙、これは罪悪感の塊。

今日、家に残すつもりの白ちゃんまで私の親友に譲ってしまった。
彼女は14歳と15歳のシェルティー親子を見送ってから今まで何度新しい子をと勧めてきても旦那がワンワン欲しいとダダをこねても見送りが怖いと、頑なに「飼わない」を連発していた。今回メンマが赤ちゃんを産む事も彼女の旦那さんとの共謀でもあって、見れば飼う気になるかも・・
何度、チビ達を見に来ても気持ちが変わらなかったのに昨夜、白いリボンの子を抱きながら飼ってもいいと言い出した。一緒にエリン舎さんに身を切られる思いをしてピンク、ワイン、水色、緑、茶色のリボンちゃんをお願いしてきてからなんで今なの???
とも思ったけど、この夫婦が一緒に暮らす子供達がどれだけ幸せだったか彼女の愛情のかけ方を見てきて知っている。ペットロスから立ち直れず十数年、彼女の気持ちが今動いたなら、子供のいない二人の新しい絆に白いリボンの子がなってくれるなら・・そう思い手渡す事にした。
今日仕事が終わって迎えに来た待望のワンワンと暮らせる旦那の満面の笑みを見てこれでいいよねと見送りながらメンマと心に言い聞かした。いつでも遠慮せずに会えるもんねって・・・

ナルト

緑の子の名前を「ナルト」に決めた。レンゲ、メンマ、ラーメンつながりで考えた。ドックフードをろくに食べず、メンマのおっぱいに一日中へばりついている。お母さんを独占している姿を見るとピンク、茶色、水色、ワインのリボンのことが不憫で仕方ない。ナルトが嬉しそうにすればする程胸が締め付けられる。心からナルトの幸せを喜べる日はもうすぐ。温かい腕の中で彼らがリボンの色でなく名前で話しかけられる日が一刻も早く訪れることを祈ろう。

アンジェリーナ

浜松のの帰りに親友の家に寄った。我が家にようこそ!!って感じで出迎えてくれた白レンジャー。
まず、メンマのおっぱいにかぶりつき、それから兄妹で恒例のガブガブ。あとは友人の後を着いてまわる。いつでも会えるこの親子達、うれしい。
この子達は私たちの子供、どの子がどの子でもない、もともと飼うつもりだったし、レンメンの避妊手術を避ける為男の子と女の子を交換する??って友人か聞いた。我が物顔で家中を走る白レンジャー。この子はもうここの家の子、この子の幸せはここにある。お互いに運命の子と暮らすことにした。
                                                             
白レンジャーの名前はアンジェリーナ。彼女がアンジェリーナジョリーが好きなのと英語読みで、「天使」の形容詞の意味もあるんだって。アンジュリーナ、アンジュリーナ、呼びにくいので呼び名は「アンジェル」「アンジー」となるらしい。「アンジェル」可愛い名前・・良かったねアンジェル!!!


メンマと緑の子がアンジェルに誘われてお庭へ・・
二人の見つめあう視線が幸せそう・・・





早く名前をつけてやらなきゃね。

お帰り。

行って来ました。土砂降りの中、逸る気持ちを抑えながらメンマと二人で・・道中たくさん心配させて、迷惑かけたエリン舎さんになんてお詫びを言うか、どんな顔でお会いしよう・・などと色々考えていたが、近づくにつれ小雨になり何時しか朝陽と心地よい風が車内を通り抜け、私の心の雲も消えていた。

多頭飼いには色々な問題があるが、宿題だと思い焦らず楽しみに変えて乗り越えて・・・エリン舎さんの温かい励ましの言葉。ありがとう、ありがとう、感謝しかない。

部屋の何処からか聞こえる愛しい子供達の声。メンマが首を傾げながら耳を澄ます。お腹すいた~~って言っている・・会いたい・・みんなを抱きしめたい・・でも会ってもどうしようもない・・・喉まででかかった会わせての言葉を何度も飲み込んで又逃げるように緑の子を抱えて車に飛び乗った。
新しい家族に抱かれるまでの辛抱、祈るだけにした。

車の後ろでメンマに抱き抱えられる様に安心して眠る子犬。もう離さない。誰にも渡さない。お帰りなさい!!ここがあなたのお家です。狭くて庭も無いけど、あなたへの愛はいっぱい、いっぱい、あります。それだけで我慢してね。

迷いから・・

今日私のブログを見たエリン舎さんから電話を頂いた。メンマの赤ちゃんが欲しいという事が一番だったのにどうして残さなかったのか、私の揺れる心を心配してだった。当初メンマの出産の目的は子供を一人迎え入れる為だった。彼らが無事に生まれたときはとても嬉しく何一つ考えることなく成長だけを楽しんでいた。でも赤いリボンの女の子を失って私の気持ちに迷いが生じたのは確かだった。残した子とレンゲとの相性が悪かったら・・れんげは家族が増える事を望んでいるのか・・赤いリボンのこの死んだ意味は・・心の隅にモヤモヤと燻っていたが、親友が最後の子が欲しいと言った時、彼女に被けて子供を手放した自分がいるような気がした。

カーペットタイルのシミ、子供達の臭い、かじられたマットレス、転がっているおもちゃ、耳に残る子供達の声・・体全体から子供達を感じる。空しい・・メンマの乳首に滲むおっぱいを見ると申し訳なくて涙が止まらない・・この出産までも後悔しようとしている時のエリン舎さんの言葉・・今子供を残さないと後悔するよ・・だった。迷いながらももういいですと言うと、行く当てのない子がいるから迎えに来てやって・・・そんなはずはない、昨日大体決まってるって言っていたのに・・・そんなうそまで言って私を気遣ってくれる優しい言葉。また助けてもらった。もう何も迷わない、後悔はしたくない。明るくなるのを待って迎えに行ってきます。

チョコちゃん

青レンジャーがチョコちゃんと命名されてかわだ家の家族になった。
ちょっと早い引渡しになったが、首を長くして待っている娘さんの夏休みが終わってしまってからではゆっくり遊べないと言う事なので離乳食もひと段落着いたからいいかな~~って。
ご近所さんだからいつでも会えるし、とってもいい家族だから私は寂しくないが、兄弟とはお別れにまってしまう・・・これからみんな離れ離れになってしまうけど兄弟全員再会!!なんていう日が来るのかな・・あ~~~~~考えない!!考えない!!この子らはみんな幸せになるんだ!!!

最後に全員並んで写真を撮ろうと思って何度かチャレンジしたけどどうしても並んでくれない。
よく、みんなで可愛く並んでいる写真を見るがどうやって撮るんだろう。
ゴソゴソ軍団は疲れてきちゃうし、私とおじちゃんはイライラしてけんかになるしでもう諦めようとしていたところで床にデジカメを落として壊してしまった・・・・最悪。
集合写真どころかチョコちゃんまで撮る事が出来なくなってしまった。ばか、ばか。



歯が生えてきたばかりの頃のチョコちゃん。
今はトキトキで噛まれると飛び上がる。
何でもかんでもガジガジしないでね~~

罪悪感。

おばちゃん!赤ちゃん見に行っていい?姪っ子からの電話。もう誰もいないよと言うと一人残すって言ったのに~~電話口で泣かれてしまった。又、レンメンと遊んだってねと宥めて電話を切った。私も泣きたい大泣きしたい。お前の良いようにすればいいと言ってくれたおじちゃんも早くから布団に入ったまま出てこない・・

メンマの赤ちゃんが欲しいと言う一心でここまで来たのに結局手元には誰もいない。空しくて寂しくて悲しくて心にぽっかりと穴が開いてしまった。あるのは罪悪感だけ。
初めての所に2週間もメンマを行かせ、大きなお腹で辛い思いをさせ、死んでしまいそうなぐらいの出産をさせ、赤いリボンの子をなくし、毎日おっぱいを傷だらけにして子育てをさせて、レンゲの好きな泳ぎにも連れて行けず、これでよかったんだろうか・・

エリン舎さんに置いてきた子供たちが、夜中にフニャ~と目が覚めても手を差し出してやれない。お母さんを探して泣いているかも。寂しくて寄り添って泣いているかと思うと息が出来なくなって来る。今すぐ迎えに行ってやりたい、もう一度抱きしめてやりたい・・・あの子達のこれからの幸せ思えば今の寂しさなど一瞬の事かもしれない。でも今、この時間に寂しい思いをしているかと思うと、耐えられない。一分でも早く新しい家族の温もりを感じさせてやりたい。あの子達が笑顔で抱かれている姿を見ることが少しでも救いになってくれるだろうか。

メンマが麻雀台の下でウロウロする。視線を下げて部屋の隅までを何かを探している。もうやめて!!
おばちゃんが悪かった。すべてを後悔してしまう・・

我が家にあった笑顔が今は無い・・あの子達の幸せを見届けるまで笑っていられない。レンゲ、メンマ、おばちゃんの心の穴を埋めておくれ。この罪悪感は何なの???

メンマの憂鬱


真冬のパジャマに身を包んで・・・
何でこんな格好かと言うとおっぱいが痛いの・・・
子供たちと一緒の部屋にいると、おっぱいをひっかかれるわガブガブされるわでキャンキャンなメンマさん。お店に非難していてもやはり子供たちが気になって落ち着かないし、一緒に過ごすのもあとわずか、少しでもでも永く子供たちの傍においといてあげたいのでメンマ保護用。子供達は思うように乳首が見つからずお腹の下でウロウロするけどしばらくすれば諦めてくれる。四方八方から服を引っ張られて大変だけど、メンマも結構楽しんで遊んでいるみたい。なかなか、調子いいぞ!でも他のワンちゃん親子はいつ頃にどうやって乳離れするんだろう・・・起きるたびに母ちゃん母ちゃん!って母ちゃんいなくなってもちゃんと寝れるのかなぁ~~~

今晩と明日一緒に寝たらもうお別れ・・仕事なんてやってられるか!週末に休む事は今まで無かったけど、お客さんも今回は気の済むまで見てやれって言ってくれたので今日から3日間臨時休業です。

店の事気にせず子供たちとゴロゴロ~いいわ~~。
FC2カウンター
最新記事
カレンダー
08 | 2006/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード