スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メンマの出産を終えて・・・

メンマの子供達もこの11日で三ヶ月になる。10日はメンマの4歳の誕生日。

メンマの子供が見たい、残したい・・・この一心で臨んだ今回の出産、何度泣いて何度笑ったんだろう・・・
まず、アレルギーで喘息もちの娘に私を殺す気???と反対されたが、20年ほど前から飼いだした猫達のおかげで防ぐ方法も学んできたし、これからも力を合わせて防いでいくと言う事で許しを得た。
それから、インターネットで交配について色々と調べた。股関節等、遺伝性の病気、先天性の疾患が問題になると言う事がわかり、いい加減なブリーダーに任せて可哀想な子供達を迎えると言う事実があることを知る。里親探しも肝心な事だ。良いブリーダーに出会わないと・・・どうやって見分ける??自分の感を信じてブリーダー探し。
一度会ってみたいと思ったエリン舎さん、1月30日に初めての見学の約束。だが、その日は母の通夜の日になってしまう・・前日に母が倒れていけなくなったことを告げる。その後にもらったメールには母のことを気遣う言葉が・・突然のいい加減なキャンセルとは思われてなかった・・そのときになぜか私はここのブリーダーさんにお願いしようと思った。

4月になってもう一度電話をしてからは順調に事が進んだ。心配だった肘・股関節検査をJAHDにお願いして健康診断、メンマの血統を調べてもらい、すべてOKをもらう。お相手はザック君、2週間もメンマを預ける事になる。甘えん坊のメンマと初めて離れて自分が甘えん坊だったと気づく。
妊娠。メンマの赤ちゃんが見える!!嬉しい反面心配な事も多くなる
生まれてから先天性の疾患がわかった場合は我が家で迎えよう・・でもみんなそうだったら、どうしよう・・心配事はきりがない。

そして、死をも考えさせられた出産、全員元気に生まれた子供達、赤いリボンの子の事故死、と悲しい事と嬉しい事が交互に来る・・・

そして別れ・・メンマの出産を終えて思う事、やはり「里親探し」は一番難しいことだった。
異常なほどに子供達を愛せる、娘達を育てた時こんな感情はあっただろうか??双子の娘を育てながらゆっくり寝たい・・お願いだからもっと寝てて・・・なんて事ばかり考えていたのに今回は寝ることが惜しかった。少しの時間でも多く撫ぜて、抱っこして・・愛して愛して愛した犬達。
自分の犬だけが幸せになってくれればいいって事ではないが、この子達の幸せを願わずにはいられない。エリン舎さんに一度はお任せしたのに行き先を待っていた3週間は私にはとても辛いものがあった。なんで自分で一人、一人手渡ししなかったんだろう・・寂しさと不安から里親探しを任せてしまった事、メンマの出産まで後悔する。

でも、それがなかったら今のセレスちゃん、臣くん、ジゲンちゃんがない。みんな、とても幸せに暮らしている・・無理を言って連れてきたピンクの行き先さえ今見つけてやれない私に何が出来たんだろう・・やっぱり良かった・・今みんなのブログを見ながらエリン舎さんにお願いしたことは間違いじゃなかったと心底思える。ここまで私を支えてくれたエリン舎さんに感謝すると共にメンマにも子供達を残してくれたことを心から感謝する。

今、子供達を見ていると、この出産がよかった事だと思える。この先もきっと永遠に・・・

悲しみの後には喜びが来る事もわかった。どんな事があってもへこたれないぞ、今度は喜びかな、悲しみかな、何かな??ピンクちゃんの里親が決まったりして・・静かに待ってみよう・・・

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。