一周忌

今日は母の一周忌。あっという間の一年だったような、色々な事のあった365日だった。

遠方の母の兄妹たちに遠慮がちに法要に来てくれるかと尋ねたら私達の姉ちゃんだよ、歩けなくなるまで行くに決まっているよって・・
母の亡がらにねえちゃん!ねえちゃん!と何度も泣き叫ぶ叔母さん達の姿を思い出した。

5人兄妹で長女に生まれた母、ろくに小学校も行けず、末っ子の長男をおぶり妹達の手を取り、畑仕事の手伝いをした話をよく聞いた。母の手は野良仕事で日焼けしシワしわになったおばあちゃんと一緒の手をしていた。少しでもみんなの苦労を減らそうと必死に生きた少女時代だったんだろう。

兄妹仲が良く、とくに四姉妹は会えば喋りっぱなし、笑いっぱなし、離れていても長電話で姉妹のいない私には羨ましい事だった。優しいおばさんがいない娘達に申し訳ない気もしてくる。

お経が終わり揃ってお墓へ・・・日も落ちてきた。ちょうど1年前のこの時間、病院で生死をさまよっていた。いや、さまよっていたんじゃなく死ぬと決めていたのかもしれない・・・みんな思うことは一緒・・・熱いものがこみ上げる。

母の愛した庭にはおしたしにすると美味しいとよく運んでくれた水菜がそのまま冷たい風に揺れている。母の死を避けるかのように封印していたことが次々と思い出される。
涙で見えなくなる水菜に話しかけた。

お母さん、あなたはたくさんの人に愛されてますよ。私達はおかげで幸せに暮らしています、ありがとう。

こんなにあなたを愛していたなんて・・・なぜもっと優しくしてあげれなかったんだろう・・
私の最大後悔の二つのうちの一つ。この二つは棺おけまで持っていくことになると思う。
いつか会うときにはにごめんねと伝えれる。
「とろい事ばっか、いってりゃーすなよ」っていってね。




コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
最新記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード