外科で・・

今日は初めて外科にかかりました。

私の病気の事で、娘が「大丈夫??」というぐらい落ち込んで、私が何を言っても娘に心配かけない為の演技と嘘だと言います。ならば着いて来い!と先生の説明を一緒に聞くことにしました。

娘は開口一番、癌は治るのか?死なないのか?と先生に聞きました。
先生の返事は「死なないと解らない」の一言。娘が何それ~どういう意味ですか~とため口に近い口調で焦って質問すると、どんな病気でも治ったかどうかはその人が死んだ時に体の中を開いてみないと解らないという事です。と・・・続いて・・大切な事はこの病気が治療してからも悪さをするかしないかです。だから悪さをしないようにしましょう・・と当然二人で声を揃えてお願いしますとなった。

その後、患者はお母さんです。換わってはあげれません、お母さんを心配する前に心配をかけないようにすることがあなたの仕事です・・・と続いた。思わず「ごもっとも!!」と手をたたいたら先生が笑っていた。それから洗濯は出来るか?ご飯は作れるのか、彼氏はいるのか・と娘へ質問。何だかんだで雑談になり私は検査室へ・・・注射器で喉の奥に針を刺し細胞を抜き取る、とっても痛い細胞診。半泣きで出て来たら待合室で待つ娘の笑顔。さっきまでの不安そうな顔ではない。
先生が娘の心の治療をしてくれたようだ。さすが先生・・・この人に出会えてよかった。
来週は細胞診の結果を見ながら手術の日取りを決める事になるらしい。ちょっと一段落。


うちへ帰れば心配はしてくれている様子は無いけどうるさい事も言わず、ただただ私を愛してくれる子供が・・・アンタラはホント可愛いわ~~~でも鼻や手で喉を突っつくのはやめてくれ~~おばちゃん今日は喉がいたいのよぉ~~~~

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
最新記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード