スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごめんなさい。

赤いリボンの子が死んでしまった。
私のせいで・・
うちのお客さんの息子さんが27歳で突然亡くなり、何とも言えない子供を失った親の悲しみに痛感し、葬儀場から帰ってきた5日の早朝の出来事だった。
子供達に離乳食を済ませ、産箱へ戻したが、箱から出たがって大騒ぎで寝てくれないので産箱から出してしばらく遊ばせていた。一人寝て、二人目が寝て・・可愛い寝顔を撫ぜながら横になっているうちに私が寝てしまった。横に私と一緒に寝ていたレンゲのワン!と言う大きな声で飛び起きたときに何が起きたかすぐ分かった。レンゲが怒った!横には赤いリボンの子が転がっていた。私の手の中で2回転してぐったりとしている。おじちゃんが慌ててそのまま抱えて近くの獣医に走った。玄関のインターホーンでいつでも起きてくれる。
子供達を産箱に戻しながら母に何度も叫んだ。「助けて、お願い!助けて下さい、おねがいします!!お願いだから助けて!!神様!」だけど・・・しばらくしておじちゃんは帰ってきてしまった・・虹の橋を渡ってしまった赤ちゃんと一緒に・・


レンゲはトラウマがあって、昔、くどいぐらいのマウンティングされてから、お尻も周りに来る犬をとても嫌がる。ドックランでどんなに仲良く遊んでいてもお尻の周りには寄らせない。マウンティングされそうになるとどんな小さな犬でも怒る。こんなことはわかっていた。だから、皆で一番気をつけていたことだった。テレビ台と私の間にピッタリと添い寝していたレンゲのところに行くには尻尾からあがっていくしかない。お尻の周りに来たところでびっくりして起きたレンゲが噛んでしまったんだと思う。傷一つないのに急所にはいってしまったらしい。
私が起きてさえいれば、防げる事だったのに私のいい加減なところが出てしまった。財布がない、鍵どこに置いたかな、いつも、注意散漫、だらしが無い。
私がその場にいなければ・・おじちゃんなら、産箱から子供を出して寝る事など絶対なかったのに・・・悔やまれる・・・こんな私に誰もが優しい。誰かがお前のせいだ!お前は馬鹿だ、何をしているんだ!一生償え!!といって欲しい。誰かが言ってくれないと自分が自分を責めてしまう・・。

子供達を一生懸命大切に育てていたメンマと、怒らせてしまったレンゲと、おじちゃんと、毎日のように手伝ってくれる仲間達と、これから楽しい事がいっぱいあったはずの赤いリボンの赤レンジャーにどうやって償っていけばいいのか分からないが、ただ、ただ誤った。ごめんなさい、ごめんね、ごめんね、本当にごめんね。

絶対にメンマの赤ちゃんを幸せにして、レンゲは怒らせるようなことはしないし、頑張るから許してね。
約束ね。

8月5日、赤いリボンの女の子の命日。
私の誕生日。私の手元でずーーーーと一緒に年をとっていこうね。
ごめんね。

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。